税金ビギナーズ >> 税金の基礎知識

税金の基礎知識

税金と納税

日本国憲法には国民の義務が3つ定められています。

即ち、教育の義務(26条2項)、勤労の義務(27条1項)、そして納税の義務(30条)です。

この3つの義務を指して、「国民の憲法上の義務」あるいは「国民の三大義務」といいます。

納税がこの3大義務に数えられることからも、納税がいかに国民として重要な行為であるかがわかるでしょう。

では何故、納税を行なわなければならないのでしょうか。

もともと税金は、遠い昔、村などの単位で社会的インフラを整備するために村民のみんなが自主的にお金を出し合い、公共の利益となるものを造るために使ったことが起源であろうと言われています。

この頃には、税金は自らの意志で自主的にみんなが出すものであったといえるでしょう。

税金の基礎知識の記事

税金の基礎知識のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

税金と納税

税金と納税

日本国憲法には国民の義務が3つ定められています。 即ち、教育の義務(26条2項)、勤労の義務(27条・・・


税金の対象は何か?

税金の対象は何か?

税金について考えることがあなたにはありますか。 消費税が導入されてから、買い物をするたびに消費税をと・・・


税金の対象者について

税金の対象者について

税金のことなど、あまり深く考えたことが無いという人は会社員の方に多いでしょう。 自営業者の方や、個人・・・


税金と収入と所得

税金と収入と所得

あなたがもし会社員なら、税法上の区分では給与所得者と呼ばれることになります。 会社から給与をもらって・・・


収入と所得区分

収入と所得区分

会社員の必要経費が給与所得控除額として法定されているのに対して、自営業者やフリーランスで働く個人事業・・・


税金ビギナーズは、納税の参考にお役立てください。

ピックアップ!:所得税を計算してみよう

税金の話をしているとき、パートやアルバイトなどの人が年間に103万円を超える収入があったら税金を支払・・・