税金ビギナーズ >> 税金を知る >> 所得税を計算してみよう

所得税を計算してみよう

所得税を計算してみよう

税金の話をしているとき、パートやアルバイトなどの人が年間に103万円を超える収入があったら税金を支払う必要があるという話題が出たことのある人は多いでしょう。

学生のアルバイトの収入や、奥さんのパート収入などでもよくこのことは話題になります。

これは103万円の収入なら、控除額を引くと所得が発生しないからです。

所得が0なら所得税をかけることはできません。

所得税の計算ではすべての人が無条件で38万円を基礎控除として控除されます。

先に書いたように、給与所得控除額が65万円以下になる場合には、給与所得控除額は65万円ですから、収入が103万円だと、基礎控除と給与所得控除の合計が103万円となり、結果、課税所得が0になるのです。

ですから所得税はかからないと言うわけです。

ただし配偶者特別控除という103万円の収入を超えた場合の控除もあるので、収入が103万円を超えても損をするというわけではありません。

さて、それでは実際に年収が400万円で奥さんがいて子供がいない人はいくらの所得税を支払うのか、計算してみましょう。

給与の収入金額が400万円の場合、給与所得控除額は、400万円×20%+54万円で134万円となります。

この134万円がすなわちこの方の必要経費ということになります。

そして400万円から134万円を引いた266万円が給与所得となります。

そしてさらにこの方は結婚しているため基礎控除の38万円と配偶者控除の38万円が差し引かれます。

即ち残りは190万円。

さらに社会保険料も差し引くことができます。

社会保険料は健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料をまとめたものです。

この方の場合、健康保険料は料率8.20%で本人負担は4.10%(後の半分は会社が負担しています)で164,000円、厚生年金保険料は料率14.288%の半分の7.14%(これも、後の半分は会社が負担しています)で285,760円、そして雇用保険料の本人負担は0.80%で32,000円となります。

これらを合計すると社会保険料は481,760円になります。

190万円から481,760円を差し引くと1,418,240円。

この1,418,240円に対して税金がかかります。

さらに生命保険や損害保険に加入している方は、その年間に支払った保険料に応じて一定額を所得から差し引くことができます。

会社員の多くの方は、年末調整で申請していることでしょう。

さて1,418,240円に対して税率は10%です。

ですから、この方の場合、141,824円が所得税ということになります。

税金ビギナーズは、納税の参考にお役立てください。

ピックアップ!:税金の対象は何か?

税金について考えることがあなたにはありますか。 消費税が導入されてから、買い物をするたびに消費税をと・・・