税金ビギナーズ >> 自動車税を知る >> 自動車税について

自動車税について

自動車税について

自動車税は、自動車を持つ方なら誰にでもかかる税金です。

わが国における自動車の関連税は、非常に多くの課税対象を持ち、欧米やアジア諸国の自動車税とは違う特徴を持っています。

自動車税は、そもそも、わが国で、戦後急速に日本中をおおったモータリゼーションに呼応して、道路整備のための需要を満たすことを大きな目的として創設されてきたものです。

ここでは自動車税について、その種類やその意味、自動車税の体系、納付方法など、自動車税に関することをまとめてみます。

なお、自動車税の課税主体は各都道府県になります。

そのため自動車を登録している地域などによって、納付方法など、若干の違いがある可能性もあります。

実際に納税するときには、間違いの無いように、また自動車税についてよく知ったうえで、きちんと納税するようにしましょう。

自動車を持つことは、今やごく一般的なことといえます。

新車や中古車を購入するときにもごく当たり前のように、見積もりに自動車取得税や自動車重量税の項目があります。

それだけに、実際にその税金がどのような意味を持ち、どのように使われているのかを知る人は少ないのではないでしょうか。

納税は国民の義務ですが、同時に私たちは税金の意味や使い道について知る権利も持っています。

車にかかる経費には、ガソリン代や駐車代、メンテナンス代など、多くの費用がかかります。

税金もそれと同等にとらえている方もいるかもしれません。

しかし、自動車の維持にかかるお金と、自動車を所有することでかかる税金とは、根本的に性格の異なる出費です。

私たちがきちんと整備された道を走れるのも、その財源として税金が徴収されているからです。

そのことについて、自覚を持つのは決して無駄なことではないでしょう。

自動車税についての知識を深めることは、車を購入するときにも助けになるでしょう。

車は、その重量によって税金も違ってきます。

地球環境に優しい車を選択することで税金もまた変わります。

税金に詳しくなって損をすることは何もありません。

税金ビギナーズは、納税の参考にお役立てください。

ピックアップ!:自動車税について

自動車税は、自動車を持つ方なら誰にでもかかる税金です。 わが国における自動車の関連税は、非常に多くの・・・