税金ビギナーズ >> 自動車税を知る >> 自動車に関わる税

自動車に関わる税

自動車に関わる税

自動車を維持すると様々な税金がかかります。

まず自動車の取得段階でかかる税金には、消費税や自動車取得税があります。

さらに自動車を保有していると、車検のたびに自動車重量税がかかります。

また車を走らせれば、その燃料となるガソリンに対して揮発油税がかかり、また自動車専用道路などを走れば地方道路税がかかります。

このように車は、取得時にも、保有時にも、走行時にも税金がかかる仕組みになっています。

車を所有することで実に多くの税金を支払っていることがわかるでしょう。

ひとつの商品にこれほど税金がかかるものは車以外にはありません。

さらに自動車税は、その体系もシンプルとはいえません。

税金の性格が多岐に亘っていると言い換えてもいいでしょう。

実際、自動車税を意識して車を運転している人は少ないでしょうし、車検のたびにかかる自動車重量税も自明のものと捉えている人も多いことでしょう。

自動車に関わる税金の全体像を正確に把握することはなかなか難しいことなのです。

さらに現在では、自動車税のグリーン化が進められています。

先にも述べたとおり、地球環境問題は私たちの生活に大きな影響を与えています。

そして車は、その責任の一端を担っています。

そこで環境に対して優しい車、すなわち排気ガスがきれいで燃費がよい自動車は自動車税の負担を軽くし、逆に排気ガスのクリーン化に劣る特に古い自動車など、環境に与える負荷の大きい自動車は自動車税の負担を重くする施策が進められています。

この一連の取り組みを自動車のグリーン化といいます。

この取り組みによって、環境に優しい車に人々が乗るように誘導する効果が生まれます。

逆にディーゼル車など環境への負荷が大きいと考えられる車については自動車税も重くかけられています。

なお、車の排出ガス基準や燃費基準については、国土交通省のホームページによって確認もできますが、各自動車メーカーやディーラーに問い合わせればすぐに教えてくれるでしょう。

税金ビギナーズは、納税の参考にお役立てください。

ピックアップ!:税金の対象者について

税金のことなど、あまり深く考えたことが無いという人は会社員の方に多いでしょう。 自営業者の方や、個人・・・