税金ビギナーズ >> 各種控除と確定申告 >> 医療費控除とは?

医療費控除とは?

医療費控除とは?

収入に占める支出のうち、生活するのに欠かせないと考えられるもののひとつに医療費があります。

健康を害すれば、収入がダウンすることさえあるのに医療費がかかる、そういう場合もあるでしょう。

そこで医療費も収入から控除されることになっています。

ただし、年間10万円以上、医療費がかかった場合に限られます。

そして医療費控除を受けるためには、確定申告を行わなければなりません。

通常は、税金のことは会社任せで税務署には行ったこともないという方でも、病気になって、相当の医療費がかかった場合、その医療費控除を受けるためには税務署で確定申告をしなければならないのです。

また生計を共にする配偶者やその他の親族の医療費を納税者が支払った場合にも医療費控除が適用されます。

その場合にも確定申告が必要です。

ただし、例えば高齢者の両親なら必ず医療費控除を受けられるというわけではなく、たとえ父母でも生計を別にしている場合には、納税者が医療費を支払ってもそれは控除にならないので注意が必要です。

医療費控除を受けるためには、確定申告の時に医療費の支出を証明できるものを添付しなければなりません。

そのためにも、医療費関連の領収書などは日頃から整理しておくことが大事です。

続けて自分が病院にいっていなくても、家族のそれぞれが病気になってかかった医療費を合計すると、1年間で10万円以上を使っていることもあるものです。

確定申告をしなければ、医療費控除は受けられませんから、あとでしまったと思う前に領収書はきちんと整理する癖をつけておきましょう。

医療費控除の実際の金額の計算式は次のようになります。

1年間に支払った医療費の総額-保険などで補填される金額-10万円=医療費控除額。

医療費控除額はいくらでも可というわけではなく、最高200万円までと定められています。

また総所得などが200万円以下の場合には、医療費支出がその5%を超えた時点で適用されます。

また美化のための整形手術の費用や診断書作成費、治療上必要ないと考えられる差額ベッド代、高価な金歯など、医療費控除として認められないものもあるので注意しましょう。

税金ビギナーズは、納税の参考にお役立てください。

ピックアップ!:収入と所得区分

会社員の必要経費が給与所得控除額として法定されているのに対して、自営業者やフリーランスで働く個人事業・・・